更新履歴
血圧を測定される人

生活習慣病に対する意識が高まったことを受けて、その予防や治療についての理解も高まってきました。
その中でも筆頭にあがるのが高血圧であり、自覚症状を伴わないことが多い疾患として多くの人に恐れられるようになっている生活習慣病です。

根本的な治療を行うためには生活習慣を見なおす必要があるものの、長期的な治療になることも多いのが事実です。
しかし、血圧が高い状態を放置してしまうと様々な合併症のリスクが高まることから、高血圧治療薬として降圧剤が用いられるのが基本的な治療方針となっています。
高血圧治療薬は古くから開発が進められてきており、成分によって異なる作用を示すものがあります。
カルシウム拮抗薬やβ遮断薬は以前から用いられてきたものであり、強力な降圧作用を示すことに加えて心臓に対する作用があることから、心臓の負担を軽減する効果を示すことが知られています。
一方、近年開発された高血圧治療薬としてレニンーアンジオテンシン系に作用するものがあります。

アンジオテンシン変換酵素阻害薬やアンジオテンシン受容体拮抗薬がその代表的なものであり、降圧作用に加えて腎臓の保護作用があることから糖尿病患者の治療によく用いられるようになっています。
これらはいずれもレニンーアンジオテンシン系において作用するものの、アンジオテンシン受容体拮抗薬はアンジオテンシン変換酵素阻害薬によくある副作用である空咳が生じないということがメリットとなり、より頻繁に使用されるようになりつつあります。

また、個々の成分によって特異な作用を有するものもあり、状況に応じて使い分けが行われたり、併用が行われたりしている現場も多くなっているのが現状です。
特にアダラートは他の薬と併用して使用されることも多く、非常に多くの方に使われています。
リンク先はアダラートの通販サイトですが、そちらは病院処方より安価に購入出来ますので、アダラートを病院処方されている方はこちらに切り替えるのも視野に入れてはいかがでしょうか?