高血圧や喘息の持病がある人の献立について

高血圧や喘息の持病がある人の献立は慎重に決めなければ当人の生命を奪う危険性があります。
高血圧の人の献立では減塩、服薬している降圧剤と組み合わせの良くないものを出さない等の工夫や配慮が必要です。
また、同じ高血圧であっても個人によって状態は異なる事が多いのでその人に合ったものを献立にのせる事が重要です。

喘息の献立では当人ののどに強い刺激を与え、喘息の状態が悪化しないように注意する事が大切です。
のどに負担のかかる食事を出すと長期間にわたって当人が苦しい思いをする事になります。

昨今、技術が進歩し、その病気に対応した食事を簡単に提供する事が可能になっています。
しかし、より細かい個人のニーズには十分に対応する事が出来ていないです。

高血圧や喘息の献立を考える時は単に当事者の健康だけを考慮するのではなく、彼らのQOLや食の楽しみも尊重しなければならないです。
体調や病気にばかり目を向けていると当事者が満足できる食事が出来なくなります。

高血圧や喘息の献立は一般的なそれよりも制限が多く味もおいしくないと思われがちです。
しかし、技術の向上によっておいしいものがたくさん献立にのるようになっています。
また、最低限のルールを守れば自分の好きなものを食べる事も可能です。
マイナスのイメージが強いそれですが、健康的なものを長期間にわたって楽しむ事が出来るようになってきています。

高血圧や喘息は配慮をしなければ簡単に状態が悪化するものです。
しかし、献立でしっかりとその病気に合った配慮を行えばおいしく健康的な食事を継続的に楽しむ事が出来ます。

作り手の工夫次第で多くの人々が楽しい食の時間を過ごす事が出来ます。
最低限の配慮を行う事が最も大事です。